オンライン申請で間違えた(入力ミス)場合は?【特別定額給付金】

政府が新型コロナウイルスの緊急経済対策として掲げている特別定額給付金の10万円ですが、多くの市町村でマイナンバーを利用したオンライン申請が始まっています。

しかしそのオンラインでの申込みは慣れない人にとっては難しく、間違えて入力ミスしてしまう事例が少なくないようです。

そこで今回は、特別定額給付金のオンライン申請で間違えて入力ミスしてしまった場合の対策を調べてみました!

オンライン申請で入力ミスしてしまった場合は?

申込みで入力ミスしてしまった場合は、市役所からメールなどで連絡が来ますので待ちましょう。
再申請をしても先に申請したほうが有効のため、改めて申し込んだ方は無効となります。

口座番号や通帳の写真、名義などを入力してオンラインで申し込みをするわけですが、それらの内容はすべて市役所の方で目視で確認を行っています。
目視確認の際に入力ミスが発覚すれば連絡がきて再申請する流れになっています。

そのため、特別定額給付金は何度も申し込みできるようなシステムになっています。二重申請が問題ではないかとニュースになっていましたが、再申請するために何度もできるシステムなわけですね!

オンライン申請はどんなミスが多い?

オンライン申請のミスが以下のミスが特に多いようです。

  • 口座番号の間違い
  • 通帳画像を添付してない

そして入力ミスではありませんが、世帯主のマイナンバーカードで申請しなければいけないのに世帯主以外のカードで申し込みをしてしまう間違いも多いようですね。

間違えてしまった人の世間(SNS)の反応は?

SNSでも間違えて入力してしまった人は多いようですね。

ただ間違えたからといって10万円が手に入らないことはないので、落ち着いて待ちましょう!
申し込みチェックで大変な市役所の人たちに感謝ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です