マイナンバーカードが運転免許証としていつから使える?

マイナンバーカードが運転免許証として使えるとの報道がありました。
そこで、マイナンバーカードが免許証として“いつから”使えるのか調べてみました!

マイナンバーカードは運転免許証として使えるのはいつから始まる?

運転免許証は現在カード型のもので、マイナンバーカードと運転免許証は別々のカードなので、人によってはどちらも持ち歩くことになり不便です。

そこで政府が23日に開いた会合では、マイナンバーカードと運転免許証・国家資格証・在留カードなどを一体化する議論に入りました。

すでにマイナンバーカードとの統合が進められている健康保険証は、2021年3月から始まる予定です。
その「マイナンバーカードと健康保険証の統合」の議論は2019年の5月から始まりましたので、2年近く経っての実現化となりそうです。

そのため、マイナンバーカードと免許証の統合も実現化に2年かかると想定した場合、マイナンバーカードが免許証と使えるのは2022年になるかもしれません!

マイナンバーカードが免許証として使えるとの報道に、ネットの声

マイナンバーカードと免許証の連携は、個人情報の漏洩や悪用されたどうしようとの、不安の声が多く見受けられました。

しかしカードを複数持たなくてはならないのは不便なので、マイナンバーカードへの情報統合してほしいとの声もありました。

マイナンバーカードと免許証の統合はいつから?まとめ

  • マイナンバーカードと免許証の統合日は未定
  • マイナンバーカードと健康保険証の統合は議論から2年近くかかって実現
  • 免許証との統合も2年かかった場合、実現は2022年になるかもしれない

万が一の情報漏えいを不安視するか、それとも普段の生活が便利になるメリットをとるか、難しいところですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です