仙台上空の未確認物体(白い物体)の正体はなに?ラジオゾンデ?

2020年6月17日の午前4時ごろ、仙台の上空で白い物体が浮いているのが発見されました。

Twitterでは「なんだろう」との声が多くあがっており、トレンドにまであがっていました。

そこで、その仙台上空の未確認物体(白い物体)の正体を調べてみました!

仙台上空の未確認物体(白い物体)の正体は気象観測用気球?

仙台の上級で確認された白い物体は「気象観測用気球」ではないかという意見が多くあがっておりました。

気象観測用気球とはこの写真のようなものです。

そして下についているプロペラは、「ラジオゾンデ」と呼ばれる大気の気温や湿度、気圧などを測る測定器です。

しかし、ラジオゾンデを取り付けた気象観測用気球ではないという可能性も出てきました。

その理由は、気象庁や自衛隊があげたものではないらしいからです。

また、気球なら風に乗って動いてしまいますが、当時風が強かったにも関わらず動かなかったらしいのです。

誰かが個人で飛ばしたものなのか、それとも本当に未確認飛行物体なのか、なぞは深まるばかりです…。

仙台上空の未確認物体(白い物体)にネットの反応

ネットでは、仙台上空の白い物体の正体が一体何なのか憶測が飛び交っています。

このネタのようなものだったら良いのですが、もし他の国のものだとしたらちょっと怖いですね…。

仙台上空の白い物体まとめ

  • 仙台上空の白い物体は「気象観測用気球」と「ラジオゾンデ」という説が浮上
  • しかし気象庁や自衛隊は未関与らしい
  • いまだ仙台上空の白い物体の正体は不明

もし危険なものだったらやばいので、早めに正体が判明して欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です